スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

ツエーゲン金沢戦感想

あまり思い出したくないが、嫌な記録を残すのもすべて明日のため。

シュートを打つべき時に打って決めたのがツエーゲン金沢。
シュートを打つまでの過程を気にして、打たなかったのがFC刈谷。
戦術の違いもありましたが、一番の違いはココだと思います。

金沢はここぞ!という時にきっちり決めた印象が強いです。
入替戦第1戦も第2戦もチャンスはゴールのシーンぐらいでした。
他は刈谷の選手がきっちりと詰めていたり、危ないシーンはそれほどなかった。
刈谷の方は金沢の2・3倍はチャンスがあった。
しかし決めたのは直接FKのみ。

気持ちが空回りしているのか、もしや入っていなかったのか。
シーズン後半に見せた、あの強さは見られませんでした。
JFL最終節のFC琉球戦なんて、今だから言えますが試合途中から
「こりゃ失点しないな」と今シーズンはじめて思ったほどの強さだった。
16位のチームに堂々たる勝ちっぷり。
本当に17位のチームかよ、と。

今思えばそれがいけなかったのか。

この試合内容なら地域リーグのツエーゲン金沢相手に
負ける訳ないだろ、という驕り。
あったのかな、あったんだろうな。

いざ試合が始まるとツエーゲン金沢の方が戦術が徹底していた。
カウンターの切れ味は間違いなく向こうが上だった。
テクニックはなくともゴールを狙ってきた。
刈谷は最後の最後になってから、やっとなりふり構わない強引さが
出てきて金沢ゴールを脅かしていた。
なんとか1点決めたけど、時遅し。

もっと早くゴールを決めていれば。
しかし決められなかったのは金沢の戦略通りだったとも言える。
それだけに第1戦の前半の姜 曉一がGKの1vs1を決めていれば・・・。


今回は文が荒れているような気がしますが、
結果第一の試合に負けてしまったらこうなってしまいますね・・・。


コメント

>カトウさん

こんにちは!
フォローありがとうございます。
ちょっと感情的になってしまいました。

アマラオはポジション的にも精神的にも刈谷の支柱になろうと
していたのかな、と私も感じました。
彼の人間性は選手からもサポーターから見ても素晴らしいもので
最前線でFC刈谷を引っ張ろうという気持ちが見えていました。
選手達がそれに応えきれなかったのも悔しい理由の一つではないでしょうか。

ちなみに報告会の時にアマラオにまだ選手として出る気があるのか
聞いてみたところ「まだ分からないけど体調次第」的なことを言ってました。
彼ほどの熱い心の持ち主なら再び出るかもしれませんね。
赤鯱さんは、監督就任が試合前から規定路線だったという前提で「現役ラストマッチ」という意味で「引退試合」と言っておられるのではないですかね。

赤鯱さんはじめ、「アマラオ起用が裏目」という感想をあちこちで見かけます。
結果から言えば反論の余地はないのですが、私は少し違う感想を持ってます。

浮氣監督には「この試合は最後にはメンタル勝負になる、だからピッチ上の監督が必要になる」という考えがあったのではないか、と私は想像します。
以前NHKのサンデースポーツに刈谷とアマラオが取り上げられたときにも、アマラオはインタビューに答えて、「ピッチ上で選手にメッセージを伝えたいんだ、だから現役復帰したんだ」みたいなことを言ってました。
そういう意味で、戦術云々だけでなく、「刈谷のメンタルを総動員する」というニュアンスのアマラオ起用ではなかったかと思います。

実際、あの試合ではアマラオが選手を鼓舞する様が度々見られました。審判にしつこくクレームつける場面もありました。
効果的だったかどうかは別にして、私にはアマラオの思いが、刈谷の選手たちに何かを伝えようとする必死さのようなものが伝わってくるように思いました。

それでも負けてしまった訳ですから、結果的に起用が失敗と言われれば、まあ、その通りなんですけど。

来年の今頃にはアマラオはまた現役復帰してたりするんじゃないかなーとか想像してたりします。
いいか悪いかはともかくとして。
>赤鯱さん

こんにちは!
厳しい意見をありがとうございます。
あの試合はアマラオの引退試合だったのですね。はじめて知りました。
どこでお知りになったのか教えてもらえませんか?
私にとってはJFL入替戦という大事な試合だったので気づきませんでした。

前線の運動量が足りないことをアマラオ一人と監督に
責任を負わせるのは酷だと思います。
アマラオの運動量を責めるより他の選手の動きや
アマラオのポストプレーがしっかり出来ていたかがカギではないでしょうか。
入替戦第1戦ではアマラオが入った後半の方がチームの動きが
良かったように思えたので、そちらに賭けたのかもしれません。

なんにせよ、結果論です。
チームもサポーターも、すでに来年に向けて動いています。
この結果を来年に活かせるように頑張っていきます。

赤鯱さんもぜひまた刈谷の試合にお越しになってくださいね。
お待ちしております。
アマラオの引退試合だったからフル出場させたのかもしれませんが、いずれにしてもツエーゲンにとっては、対応が楽な選手がフル出場し、逆に対応が難しい選手が終盤までベンチにいたのは大助かりだった事でしょう。まああくまでも結果論に過ぎませんし、それがサッカーというものなんでしょう。

お気持ちはお辛いでしょうが、あえて厳しい事を申し上げさ
せていただきます。 あの試合、なぜアマラオをフル出場させたのか理解ができません。運動量の無い前線はツエーゲンに何ら脅威を与えず、プレッシャーのかかるアウェーで楽な試合運びをさせたように思います。一方ツエーゲンの嫌がる選手をベンチに置いておいたり、ツエーゲンの強さと言うより刈谷の自滅と言っても過言ではないでしょう。チームをただ応援するだけでなく、厳しく見る事も大切ではないでしょうか。勿体無い試合でしたね。

コメントの投稿

非公開コメント


(この一行は、各ページ下部に固定表示するサンプルです。テンプレートを編集して削除もしくは非表示にしてください。)
どうぶつの森 地域リーグ部
3DSゲーム「とびだせどうぶつの森」のマイデザインを使って、地域リーグクラブを中心としたユニフォームを作っています
どうぶつの森 FC刈谷ユニフォーム
画像をクリック!
2015年 日程
1/24
(土)
練習試合
名古屋高校 - ○5-1
2/. 1
(日)
練習試合
東海理化 - ○12-0
2/. 8
(日)
練習試合
名古屋大学 - ○10-0
2/15
(日)
刈谷市長杯 準々決勝
デンソー刈谷
(西三L)
- ○13-0
2/22
(日)
練習試合
愛知学院大 - ○3-2
2/28
(土)
練習試合
名古屋商科大 - ○4-1
3/. 1
(日)
刈谷市長杯 準決勝
JTEKT
- ○1-0
3/. 7
(土)
練習試合
レイジェンド
滋賀
- ○6-0
3/. 8
(日)
刈谷市長杯 決勝
豊田織機
- ○4-0
3/15
(日)
練習試合
サウルコス福井 - ○2-0
3/21
(土)
練習試合
桃山学院大 - ○3-2
3/22
(日)
練習試合
愛知学院大 - ○2-0
3/28
(土)
練習試合
びわこ成蹊
スポーツ大
- ○3-2
3/29
(日)
練習試合
名古屋
グランパス
- 中止
4/5
(日)
全社県予選&
天皇杯予選1回戦
アイシン精機 - ○6-0
4/12
(日)
全社県予選&
天皇杯予選2回戦
東海学園SC - ○4-0
サイドバー2下の追尾スペース
ここに追尾させたいものを記載します。
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。