スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

全社愛知県予選兼天皇杯愛知予備予選決勝:FC刈谷 0-1 マルヤス工業

全社愛知県予選決勝:名古屋市港サッカー場〔観客:200人ぐらい〕
FC   0( 0-0
0-1
)1   マルヤス工業

得点: 後半37分 マルヤス工業 たぶん24番の選手

※FC刈谷は準優勝(2位)になりました。

FC刈谷のスタメンはこちら。
名前 出場試合数 累計ゴール数 黄紙 交代
GK 21 梶川 裕嗣 5試合目〕
DF 4 福田 健人 3試合目〕 ×1
DF 7 小林 健史 5試合目〕 →前半21分 DF斉藤
DF 14 松田 忠 1試合目〕
DF 24 森山 大地 2試合目〕
MF 16 熊田 圭佑 5試合目〕 ×1 →後半15分 MF酒井
MF 23 征矢 貴裕 4試合目〕
MF 13 篠川 雅仁 5試合目〕 ×1 →後半31分 MF姜
MF 18 町田 朋弥 2試合目〕
FW 11 中山 康弘 5試合目〕 3ゴール
FW 25 北川 侑汰 1試合目〕 ×1
サブ
GK 1 河合 雄介
DF 2 斉藤 啓貴 5試合目〕 1ゴール ×1 →出場時間59分
DF 17 原賀 啓輔 4試合〕 ×1
MF 6 酒井 康平 5試合目〕 →出場時間25分
MF 10 日下 大資 4試合〕 2ゴール ×1
FW 15 大石 治寿 4試合〕 7ゴール
FW 20 姜 曉一 5試合目〕 1ゴール →出場時間. 9分
2010.04.29全社愛知予選決勝vsマルヤス工業
↑画層をクリックすると別窓で大きくなります↑

試合中のTwitterのつぶやきをまとめたのはこちらになります

他の刈谷サポブロガーはこちら。
4月29日 第46回全社愛知予選決勝 FC刈谷ーマルヤス工業
   (KARIYAN CAFEさん)
天皇杯愛知県2次予選決勝戦 FC刈谷 vs マルヤス工業(名古屋市港サッカー場)
   (すすめ!かりサポ遠征隊さん)

お二人とも惜しい試合、という感じですね。
内容は良かっただけに自分もそう感じました。

まずはこちらの資料を見てください。
2010.04.29全社愛知予選決勝vsマルヤス工業2
緑色=アウェイ色をしている人はこの大会初スタメンの選手です。

約半分6名が初スタメンで、サブにいるのが大会中はスタメンだった選手。
特に攻撃がほぼ総とっかえの状況で、大石・原賀という最前線で体を張るタイプがおらず
北川と中山という背が高くない2人が攻撃を担う形。
守備も両サイドバックを入れ替え、センターバックも斉藤に代えて
福田が今大会初スタメン。怪我からの復帰なのでしょうか。
2日後がリーグ初戦なので、そちらのほうに重点を置いていると思われるので
この布陣に異論はないですね。

今回の刈谷の要点はこちら。
大石と原賀がいない前線をどうするか
両サイドがマルヤス工業の速攻が止められるか
福田のセンターバックが機能するか
初の4-4-2(中盤ダイヤモンド)は刈谷に合うのか
FC刈谷とマルヤス工業の力の差がどれだけあるか

まずは一つずつ簡単に回答(もちろん管理人の意見です)。
Q:大石と原賀がいない前線をどうするか
A:やはりキツイ
 前線でボールをキープ出来る選手がいなくなるのがこれほど辛いこととは。
 同じ攻めが出来ないのは分かっていたので、通用していた中山のスピードで
 勝負する場面が多くあった。マルヤス工業でも中山は止められるものではなかった。
 北川もゴール前では最初の選択が必ずシュートだったのは良かった。
 中盤の選手もミドルシュートの意識が今までより高かったように見え
 チーム全体から得点を取ろうという意識が強く感じられた。

Q:両サイドがマルヤス工業の速攻が止められるか
A:止められました
 マルヤス工業の特徴は速い攻め。サイドに振ってタイミングよくセンタリング、
 というのが美点でしたが、刈谷がサイドの起点を上手く潰して
 センタリングを上げさせる場面はあまり見られませんでした。
 相手FWのポストプレーも刈谷CBが潰すことも多く、流れの中からは
 マルヤスの思い通りの攻撃は殆ど見られませんでした。

Q:福田のセンターバックが機能するか
A:最後の場面以外は完璧でした
 今大会初スタメンの福田は前から注目していました。
 恵まれた体格、十分あるスピード、そして若さ。
 東海1部の相手にどれだけ通用するか楽しみでしたが、ほぼ期待通りでした。
 小林とのCBも良かったのですが、圧巻は斉藤とのCB。
 空中戦はもちろん、足元でも相手FWに80分間仕事をさせていませんでした。
 斉藤との連携もバッチリで『動』の斉藤に対し『静』の福田といった感じで
 コンタクトもきっちり出来ていました。
 これから期待をせざるをえませんでした。
 ただし、最後の失点は福田のマーク・クリアミスから。
 原因は本人も分かっていることでしょうから、次はノーミスでお願いしますね。

Q:初の4-4-2(中盤ダイヤモンド)は刈谷に合うのか
A:問題なし
 システムがすべて、というわけではないですが新しいモノは気になります。
 熊田(酒井)の1ボランチで篠川がフォローに入る、という感じ。
 篠川のバランスを取る能力はコチラのほうが活きるような気がしました。
 町田もテンポ良くボールを回すことを出来ていましたし
 空中戦も結構勝率が良かったイメージが有ります。最前線でもいいのでは?

Q:FC刈谷とマルヤス工業の力の差がどれだけあるか
A:刈谷がかなりリードしているように見えました
 結果としてマルヤス工業に負けたので負け惜しみととられてもしょうがないですが
 マルヤス工業を応援している人から「奇跡の勝利」と声が聞こえてきたので
 (自分はスタンドちょうど真ん中で見ていたのでマルヤス関係の人も多くいました)
 マルヤス工業もそう思っているかもしれません。

 刈谷は主力温存でチーム得点王を出していない状況。
 対するマルヤス工業は前と同じ主力を揃えたメンバー。
 それでマルヤス工業の美点をほぼ消されて、セットプレーしか
 点を取れないような雰囲気。
 もちろんそこから点を取ったマルヤス工業を褒めるべきです。
 これがリーグ戦だったら絶望しているところですが、今日はトーナメント戦。
 刈谷にとっては「これがリーグ戦でなくて良かった」

 マルヤスにとっては「これがリーグ戦だったら」と思っているかもしれません。
 刈谷サポから、今度からマルヤス工業になめられるから嫌だ、という声もありました。
 どうぞ刈谷をなめていただきたい。FC刈谷ってこんな程度かって。
 ただし同じメンバーで戦うことはまずありえないのでご注意を。

 刈谷にとっては良かった試合に関わらず、結果が良くなかったので
 より反省して精進してリーグ戦に向かうことができます。
 「油断したら負ける」「得点を決めるべき時に決めないとダメ」と
 この大会で学んだことでしょう。

リーグ戦が楽しみです。リベンジを果たす相手も出来たことだし。

コメント

久しぶりに生観戦しました。
感触的には私もまぁ良しと☆
(でも勝ちたかった)

5月29日マルヤスさん戦が
とっても楽しみです!!
絶対豊田に行こうと思います。

マルヤスCB24番さんの
統率力には拍手。
さすが実力者ですね。

コメントの投稿

非公開コメント


(この一行は、各ページ下部に固定表示するサンプルです。テンプレートを編集して削除もしくは非表示にしてください。)
どうぶつの森 地域リーグ部
3DSゲーム「とびだせどうぶつの森」のマイデザインを使って、地域リーグクラブを中心としたユニフォームを作っています
どうぶつの森 FC刈谷ユニフォーム
画像をクリック!
2015年 日程
1/24
(土)
練習試合
名古屋高校 - ○5-1
2/. 1
(日)
練習試合
東海理化 - ○12-0
2/. 8
(日)
練習試合
名古屋大学 - ○10-0
2/15
(日)
刈谷市長杯 準々決勝
デンソー刈谷
(西三L)
- ○13-0
2/22
(日)
練習試合
愛知学院大 - ○3-2
2/28
(土)
練習試合
名古屋商科大 - ○4-1
3/. 1
(日)
刈谷市長杯 準決勝
JTEKT
- ○1-0
3/. 7
(土)
練習試合
レイジェンド
滋賀
- ○6-0
3/. 8
(日)
刈谷市長杯 決勝
豊田織機
- ○4-0
3/15
(日)
練習試合
サウルコス福井 - ○2-0
3/21
(土)
練習試合
桃山学院大 - ○3-2
3/22
(日)
練習試合
愛知学院大 - ○2-0
3/28
(土)
練習試合
びわこ成蹊
スポーツ大
- ○3-2
3/29
(日)
練習試合
名古屋
グランパス
- 中止
4/5
(日)
全社県予選&
天皇杯予選1回戦
アイシン精機 - ○6-0
4/12
(日)
全社県予選&
天皇杯予選2回戦
東海学園SC - ○4-0
サイドバー2下の追尾スペース
ここに追尾させたいものを記載します。
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。