スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

新聞各社にFC刈谷存続の記事が載りました

FC刈谷、来季も存続 財政は依然厳しく中日新聞愛知版
サッカー:FC刈谷が来期存続表明 監督らの契約継続は困難 /愛知
  (毎日新聞愛知版
・FC刈谷 来期も存続(朝日新聞)
 R0018949-1.jpg

11/18付けの各社新聞朝刊にFC刈谷存続の記事が載りました。
朝日新聞は星野会長の言葉を中心にFC刈谷の現状を書き連ね、
毎日新聞は現在所属している選手の動向を詳しく書き、
中日新聞が刈谷に対してもっとも厳しい雰囲気を出しています。

ここで「中日新聞がFC刈谷に対して酷い扱いだ」と言うつもりはありません。
FC刈谷の現状を考えれば自分も中日新聞と同じ思いですし、サポーターに取材が来たのは
中日新聞のみでした(自分が受けたわけではありません)。

2500万円という資金(毎日新聞根拠)は地域リーグでは上位の方で贅沢言うな、
という声も聞いたこともあります。
金額だけ見れば確かにそうかも知れません。が、問題は予算が急激に縮小していること。
来年以降も2500万円維持できる保証はどこにもありません。
むしろもっと減額する可能性が大きいでしょう。

そう。
今まで通りではFC刈谷は来年以降の存続はかなり厳しいでしょう。
中日新聞の書くとおり、来年の今頃も存続問題に揺れていることでしょう。
それも今年よりも、もっと危険な状態で。


今年までのFC刈谷は「JFLにいる、目指している」ということでしか
スポンサーや観客にアピールすることしか出来ませんでした。

JFLに所属したときや1年でJFL復帰を目指していた東海リーグは何とかなりました。
しかし、東海リーグで優勝できず早々に昇格戦線から離脱してしまうと
刈谷の魅力はないに等しい状態になってしまいます。

だからJFL昇格を条件にスポンサー契約を結んでしまう。
それしかFC刈谷の存在価値を表すものがないから。

違う、そうじゃない!
JFL昇格だけが存在価値なんて、寂しいじゃないか。
地域に愛されるってそういうもんじゃないよ!
試合に勝つことだけが自分の唯一の存在証明、なんて悲しいじゃないか。

具体的にどうしたらクラブと地域が密接な関係になれるかは分からない。
けど、少なくともクラブが周りにいる人達を愛してあげないと、絶対に向こうから近寄ってこない。

ゴールを決めたとき、選手がサポーターに少しでも近寄ってくれるだけでもうれしかった。
こちらにアピールしてくれたら、一緒に喜べて本当に幸せだった。
選手がサポーターのところまで走ってきて抱き合った時は自然と涙がこぼれた。

サポーターに限ったわけではなく、物理的距離を縮めるだけでもみんな嬉しいんじゃないかな。
これはFC刈谷を運営してる人にも言えるし、サポーターにも言えることですけどね。

来年から、いや今日から新しいFC刈谷がスタートしました。
今までのJFL至上主義では来年FC刈谷はまず無くなるでしょう。
JFLを目指すことは良いことだと思いますが、それが全てではありません。

なによりスタジアムの観客、スポンサーを増やすことが第一です。
例えJFLに上がれなくても観客、スポンサーが増えれば
FC刈谷が地域に存在が認められたことなんですから。


今こそクラブ、選手、サポーターが一丸となるとき。
このブログも来年に向けて体制を変えていくつもりです。

すべては刈谷の将来のために。

コメント

刈谷に来て6年になります。FC刈谷が好きです。

微力ながらサポーターとして応援し、盛り上げていきたいと思います。
アマラオ監督
アマラオ監督がもたらしたFC刈谷の歴史は大きいと思います。
ただ監督としての才能は選手レベルではなかったような・・・。
もっとポジショニングの指導や体の使い方を教えてくれたらなぁ。

来年は加藤監督!?
もっとシンプルに攻撃的なシステムで頑張って欲しい。
また山雅で試合への出場機会がなかったGK山本選手の復帰を望んでいます。
かなりの選手が移籍してしまうので、守備力UPは必達です。
そして酒井選手みたいにの絶妙な前線へのパスを主軸に相手裏をどんどんついて欲しいです。
やはり攻撃はシンプルに早く!

FC岐阜へ行った浮氣コーチも監督へ就任するとの情報もあるみたいです。
是非FC岐阜と練習試合を通して互いにレベルアップが図れたらと思います。

来期は是非JFLへ昇格し、再来年にはボール際の厳しいサッカーがライヴできることが理想です。
やはり東海社会人リーグのサッカーのレベルはフラストレーションが溜まってしまいます。

まずは来年です。
東海社会人リーグなので、是非天皇杯への出場権は必達です。
こんなに早くオフシーズンとなってしまうと寂しさですから。
打倒中京大学!!
アマラオ監督と一緒に
アマラオ監督とまた来年も一喜一憂したい、こんな形で別れるのは監督に申し訳なく思う…

オイラに出来る事は
年末ジャンボやtotoBIGを当ててアマラオ監督を雇用しFC刈谷に提供するくらい(涙)

俺が当ててみせる。

コメントの投稿

非公開コメント


(この一行は、各ページ下部に固定表示するサンプルです。テンプレートを編集して削除もしくは非表示にしてください。)
どうぶつの森 地域リーグ部
3DSゲーム「とびだせどうぶつの森」のマイデザインを使って、地域リーグクラブを中心としたユニフォームを作っています
どうぶつの森 FC刈谷ユニフォーム
画像をクリック!
2015年 日程
1/24
(土)
練習試合
名古屋高校 - ○5-1
2/. 1
(日)
練習試合
東海理化 - ○12-0
2/. 8
(日)
練習試合
名古屋大学 - ○10-0
2/15
(日)
刈谷市長杯 準々決勝
デンソー刈谷
(西三L)
- ○13-0
2/22
(日)
練習試合
愛知学院大 - ○3-2
2/28
(土)
練習試合
名古屋商科大 - ○4-1
3/. 1
(日)
刈谷市長杯 準決勝
JTEKT
- ○1-0
3/. 7
(土)
練習試合
レイジェンド
滋賀
- ○6-0
3/. 8
(日)
刈谷市長杯 決勝
豊田織機
- ○4-0
3/15
(日)
練習試合
サウルコス福井 - ○2-0
3/21
(土)
練習試合
桃山学院大 - ○3-2
3/22
(日)
練習試合
愛知学院大 - ○2-0
3/28
(土)
練習試合
びわこ成蹊
スポーツ大
- ○3-2
3/29
(日)
練習試合
名古屋
グランパス
- 中止
4/5
(日)
全社県予選&
天皇杯予選1回戦
アイシン精機 - ○6-0
4/12
(日)
全社県予選&
天皇杯予選2回戦
東海学園SC - ○4-0
サイドバー2下の追尾スペース
ここに追尾させたいものを記載します。
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。