スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

FC刈谷2-3ロッソ熊本

FC刈谷 2-3 ロッソ熊本(観客:599人)
得点: 2分 FC刈谷 加藤知弘(今季3ゴール目)
    :25分 FC刈谷 加藤知弘(今季4ゴール目)
    :59分 ロッソ熊本 福嶋
   :63分 ロッソ熊本 関
   :88分 ロッソ熊本 町田

後半前半FC刈谷ロッソ熊本前半後半
8412 シュート 18612
6410 GK 10
64
314 CK 440
61319直接FK17
98
707間接FK3
21
707オフサイド3
21

<警告・退場>
警告:28分 ロッソ熊本 矢野大輔(ラフ)
   :47分 ロッソ熊本 市村篤司(ラフ)
   :63分 FC刈谷 来栖由基(反スポーツ)
   :67分 ロッソ熊本 山口武士(ラフ)

FC刈谷のスタメン表はこちら。
GK29 来栖由基
DF 2 西村俊寛
DF 3 吉田匡良
DF 7 小林健史
DF19 西原拓己
MF 5 浮氣哲郎
MF10 日下大資
MF13 篠川雅仁
FW 9 加藤知弘(1試合2ゴール!)
FW11 中山康弘
FW17 伊藤智弘

ベンチ
GK21 用沢ルーカス
MF18 岩元美宇
MF22 酒井康平
FW 8 原賀啓輔
FW16 岡戸佑樹

フォーメーション表はこちら。


うわ~ん、惜しかった!
前半に2点入れたんだけど、後半に3点入れられてしまった。
勝っていればJFL最大のサプライズになっていたはずなのに・・・。

今日はエスコートキッズはいませんでした。

今日は東から西への風が強く、すべて風下のチーム側に失点がありました。
風をうまく使えたチームが今日の勝者というところでしょう。
特に守備をしている側に風にヤラレている場面が多くありました。
今日は刈谷の方が風に戸惑っている場面が多かったのでこの結果は
当然の結果だったのかもしれません。でも悔しい!

FC刈谷は前半は風上からの攻撃。
1・2点目は相手の守備が乱れているところに中山・加藤が
プレッシャーをかけてボールを奪って即シュートという流れでした。

今回は2ゴール目の加藤のゴールが動画で撮影できました!
1点目もこれに近いゴールでした。


この得点以降、なかなか効果的な攻撃が出来ず前半終了。
風を上手く生かした攻撃、と言いたいところでしたがFK・CKともに
風に流されてボールの足が長くなってしまい、効果的なプレーが出来ませんでした。
対して守備は相手のロングボールがことごとく風に阻まれ、上位相手に
それなりの対応が出来ていたんじゃないでしょうか。

後半はFC刈谷が風下にゴールを構えます。
ロッソはロングボールを主体に攻めてくるチームだったので
ボールが風に乗って落下地点を見誤ることが多く(ボールがDF裏に落ちて危険)
ずっとロッソペースで展開していきました。後半途中まで刈谷は
いい状態で相手陣内でボールキープすることが出来ませんでした。

そして後半14分、左サイドのロングボールを見誤ってDF裏を突破され、
中に折り返され、フリーのロッソ福嶋にゴールを決められる。
ここからFC刈谷の選手が浮き足立ってしまい、プレーに自信がなくなってしまう。
後半18分にロッソ関にゴール前のFKを直接決められてしまい2-2の同点。

(シュート打つまでちょっと長いので注意。手ブレはすみません・・・)


ここからガタガタと崩れるかと思いきや、刈谷は後半多用していた
ロングボールをすっぱり諦めて、ショート(グラウンダー)パス主体
に切り替えていくと、一気に刈谷ペース!
中盤でダイレクト・ワンタッチパスで繋いで相手DF裏にスルーパス
という展開が良く見られました(ほとんどオフサイドでしたが・・・)
中盤からのミドルシュートを多く見られ、惜しいシュートを連発。
ロッソDF陣を混乱に陥れていました。

ここでしっかり点を取れていれば、もっと上位に行けるのですが
FC刈谷の決定力のなさが出てしまいます。

刈谷の流れの中で点が取れず、終盤88分に再びロングボールを見誤り、
(オフサイドだと勘違いしていたところもありました)
ゴール前にフリーの選手にシュートを決められ2-3と逆転。

「これがJに行くチームとの差か・・・」と試合終了後に思い知らされました。


前半2-0で折り返した時には「最低でも勝ち点1は」と
思っていましたが、甘かった認識でした。
2-2になった時に見せた刈谷らしいパスサッカーで1点取れていれば
もっと違う結果が見られたはず。

試合終了後、FC刈谷代表神谷さんとお話した際に
「東海学園大ミニキャンプで選手たちが自分達のサッカーに
 自信が持てるようになった」

とおっしゃっていました。後半途中は確かにJFL上位のロッソ相手に
すばらしいパスサッカーを見せていたんですが、
それならば後半最初のロングボール多用はなんだったんでしょうか。
ロングボールが出来ないから、ショートに切り替えたように見えました。
最初からショート主体で行けば、とも思えてきます。


次のリーグ戦は天皇杯愛知予選を2週間挟んで9/9(土)の流経大戦。
この試合は何が何でも勝ち点3を奪わなければなりません。
次こそは、次こそは、刈谷らしいサッカーで点を取って、
勝ち点3をFC刈谷・サポーターにプレゼントしてください。

コメント

負けたけどおもしろかったです。。
豊田市民ですが、今回初観戦(応援)しました。

はっきり言って前半で『勝った』と確信しまいましたが、
私の気の抜けた思いが選手に伝わってしまったかのような拙守で惨敗!

でも3TOPの攻撃的な姿勢は好きになりました。
3点取られても4点取れるような試合を目指してほしいものです。

次は豊橋ですね。次も応援に行きます!!
もっと入るのかな、と思いましたが
土曜の昼、というのは条件が厳しいの
かもしれません。
子供たちもあんまりいなかったですし。

しかし、コアサポは着実に増えている
のでこの数字以上に下がることは
おそらくないんだと思いますよ。

あとは「勝利」という特効薬さえあれば・・・。
少ない
うーん....
観客599人か...
成績同様こちらもキビシー
本当にお疲れ様でした
後半同点からのサッカーは
上手くいっている様に見えました。
それだけに良い流れのうちに
1ゴール決めておきたかったです。

それが今のFC刈谷の力なんですよね。
一皮むければ・・・と最近はずっと
そんな試合ばかりです。
ちょっと前の名古屋もこれに近い形
に思えていたので、少し変われば
いずれ大爆発するんじゃないかと
思ってもいます。

その大爆発が起こる前に残留を
決めてほしいのですが・・・(苦笑)

天皇杯予選は連戦で苦しいですが
リーグ戦じゃない緊張感の中で
何かを掴んでもらいたいです。


残念ながら僕は全試合観に行けない
ので遠い空の下から念を送って
勝利に貢献するつもりです。
お疲れ様です。
ホントに悔しい試合になりまし
たね。

しかし、まいるさんのご指摘にも
あるように、課題は浮き彫りにな
って来ましたよね。

パスサッカーをベースとして、い
かに攻撃にメリハリを出すか。そ
して、いかにして終了のホイッス
ルまで「力」をキープするか。

JFL中断中の天皇杯県予選がその
試金石になりますね。楽しみです。

コメントの投稿

非公開コメント


(この一行は、各ページ下部に固定表示するサンプルです。テンプレートを編集して削除もしくは非表示にしてください。)
どうぶつの森 地域リーグ部
3DSゲーム「とびだせどうぶつの森」のマイデザインを使って、地域リーグクラブを中心としたユニフォームを作っています
どうぶつの森 FC刈谷ユニフォーム
画像をクリック!
2015年 日程
1/24
(土)
練習試合
名古屋高校 - ○5-1
2/. 1
(日)
練習試合
東海理化 - ○12-0
2/. 8
(日)
練習試合
名古屋大学 - ○10-0
2/15
(日)
刈谷市長杯 準々決勝
デンソー刈谷
(西三L)
- ○13-0
2/22
(日)
練習試合
愛知学院大 - ○3-2
2/28
(土)
練習試合
名古屋商科大 - ○4-1
3/. 1
(日)
刈谷市長杯 準決勝
JTEKT
- ○1-0
3/. 7
(土)
練習試合
レイジェンド
滋賀
- ○6-0
3/. 8
(日)
刈谷市長杯 決勝
豊田織機
- ○4-0
3/15
(日)
練習試合
サウルコス福井 - ○2-0
3/21
(土)
練習試合
桃山学院大 - ○3-2
3/22
(日)
練習試合
愛知学院大 - ○2-0
3/28
(土)
練習試合
びわこ成蹊
スポーツ大
- ○3-2
3/29
(日)
練習試合
名古屋
グランパス
- 中止
4/5
(日)
全社県予選&
天皇杯予選1回戦
アイシン精機 - ○6-0
4/12
(日)
全社県予選&
天皇杯予選2回戦
東海学園SC - ○4-0
サイドバー2下の追尾スペース
ここに追尾させたいものを記載します。
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。