スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

JFL前期2節:FC刈谷0-1栃木SC

JFL前期2節:ウェーブスタジアム刈谷〔観客:592人〕
FC   0( 0-0
0-1
)1   栃木SC

得点: 89分   栃木SC  落合 正幸


後半 前半 FC刈谷 栃木SC 前半 後半
4 8 12 シュート 8 1 7
9 1 10 GK 13 9 4
0 2 2  CK  6 2 4
8 11 19 直接FK 14 5 9
1 0 1 間接FK 2 1 1
1 0 1   オフサイド  1 1 0

<警告・退場>
警告: 27分 栃木SC 高安 亮介 (ラフ)
警告: 49分 FC刈谷 日下 大資 (反スポーツ) →今季1枚目
警告: 67分 栃木SC 落合 正幸 (反スポーツ)
警告: 89分 FC刈谷 平林 輝良寛 (ラフ) →今季1枚目
※次節出場停止選手:なし※

FC刈谷のスタメンはこちら。
GK 1 石川 扶 2試合目〕
DF 26 田上 裕 2試合目〕
DF 5 松田 勉 2試合目〕
DF 19 西原 拓己 2試合目〕
DF 30 石川 高大 2試合目〕
MF 18 平林 輝良寛 2試合目〕 ×1
MF 6 酒井 康平 2試合目〕
MF 10 日下 大資 2試合目〕 ×1
FW 25 社本 将成 2試合目〕 →62分FW森山
FW 17 伊藤 智弘 2試合目〕 1ゴール
FW 3 原賀 啓輔 2試合目〕
サブ
GK 31 盛田 健嗣
DF 7 小林 健史 ×1
MF 20 山田 浩二
MF 23 坂脇 一義
FW 8 和多田 充寿 2ゴール
FW 24 森山 大地 1試合目〕



ほんの少しの綻びが・・・
この試合は風が強く、風下に攻めるほうが常に有利な展開になりました。
前半はFC刈谷。後半は栃木SC。
簡単に言ってしまえばそんな感じなんですが。

簡単すぎですね(笑)
もうちょっと書きたいことがあるので、続けさせていただきます。

・長短パス織り交ぜて「強豪」FC刈谷と言えた前半
・息が続かなかった後半
・FC刈谷の大きなアクセントになった平林選手

が挙げられます。

・長短パス織り交ぜて「強豪」FC刈谷と言えた前半
前半は強かった。今年のJFL優勝候補と言われている栃木SCに何もさせなかった。
速いショートパス交換からのサイド攻撃。ロングボールを使った速攻。
アーリークロスからのダイレクトシュート。平林のドリブル突破。
残念ながら得点は入ることはありませんでしたが、多彩なバリエーションで栃木SCを
かなり苦しめていました。今までこんなFC刈谷、見たくても見られませんでした。

しかし、前半一番印象的だったのがFC刈谷の守備。
前線からのプレスが強力だったのみならず、チーム全体で意識が統一できているのでしょう。
栃木SCの最終ラインで横にボールを回し続けて、なんとかFC刈谷の守備を崩そうと
左右に揺さぶっている場面が数多く見られました。
「守備が良くて攻め手が見つからないからDFラインでボールをまわしているだけ」。
今までFC刈谷はこれほど効果的な守備を、強豪相手に行ったことはなかったはずです。
苦し紛れに出されるサイドへのロングパスは向かい風ということもあり、ボールが伸びず
FC刈谷の守備陣が危なげなくはじき出し、セカンドボールを再びFC刈谷が拾う。
これはDF陣だけでなく、MF4人も守備を意識した動きが上手く連動していたようで
FC刈谷陣内でのセカンドボール奪取率は過去のFC刈谷では最高と思えるほど。

栃木SCは前半ではシュート1本しか打てず、本当に苦しんでいました。
対するFC刈谷は前半だけでシュートを8本も。(入りませんでしたが)
昨年は相手チームにFC刈谷の2倍のシュートを打たれるのが当たり前でした。
それがこの変貌。前半が終わった時点で「FC刈谷(良い意味で)どうしちゃったの?」
とサポーター内でもネタになってしまうほどの出来でした。


・息が続かなかった後半
FC刈谷の本当の意味での「追い風」となった前半。
しかし後半では「逆風」となってFC刈谷を襲い掛かってきます。
栃木SCもハーフタイムで修正をかけてきて、前半ほどボールキープが出来なくなります。
予想は出来ていたのですがロングボールが風に戻されてしまい、ほぼ無力化。
ショートパスでのサイド攻撃も、前半頑張りすぎたのか、中3日しか間隔がなかったためか
運動量が落ちてしまい、徐々に栃木SCの流れになってしまいます。

前半に1点でも取っていれば、もっと意思統一出来た守備が出来たのかもしれませんし、
逆に意識しすぎて安定した守備が出来なかったかはやってみないと分かりませんが、
今回のスコアレスの展開ので守備はそれほど悪くなかったように思えました。
確かに危ないシーンが見られたのも事実ですが、FC刈谷よりも苦しかったのが栃木SC。
「ここでスコアレスドローは勘弁」と思っていたのは間違いなく向こう側のはず。
前半のFC刈谷よりもキレのない攻めを繰返し、決定機というと意外にもセットプレーしか
作れなかった栃木SC。「昨年の成績を考えれば、ドローでもOKだな」と刈谷サポ内でも
思いかけていたその瞬間、FC刈谷に小さな綻びが出てしまいます。

後半44分、GK石川扶が味方の足で出したバックパスを手でキャッチ。

ここさえ防げばなんとかドローへ・・・、と考えましたが甘かったです。
栃木SCはPA内の間接FKを後ろに流し、そのままダイレクトシュートを打つと
そのまま、というわけではありませんでしたが、FC刈谷のゴールに入ってしまいました。
まさかの失点でした。「このままドローでOK」という気持ちがあったからでしょうか。
フットボールはそれほど甘いスポーツではありませんでした。


・FC刈谷の大きなアクセントになった平林選手
この試合、FC刈谷から「今日のジョージア賞(マン・オブ・ザ・マッチ)」を選出するなら
僕なら平林選手を推していました。
得点は決められませんでしたが、ところどころで光るプレーが見られました。
それは「ドリブル」。パスを主体で攻めるFC刈谷の中では異端の存在です。
パスをしない、ということはありませんが「イケる!」と思ったときはガンガンつっかけていき
この日はそれがうまく栃木SCの守備の混乱を招いているように見えました。

FC刈谷の周りの選手も理解していたようで、平林選手にボールを渡した後に
彼の近くを、囮としてフリーランする場面も多くみられ、FC刈谷にようやくフィットし
同時に欠かせない戦力となってきたのかもしれません。
これからも得意のドリブルで相手DF陣を切り裂いて、ガンガン得点を決めて欲しいです。



'08前期2節
順位チーム名勝点得失
1位ガイナーレ鳥取6+3
2位栃木SC6+3
3位ファジ岡山6+2
4位武蔵野FC6+2
5位MIO草津4+1
6位HondaFC3+2
7位 FC刈谷 3 +2
8位ソニー仙台FC3+1
9位NW北九州20
10位佐川印刷20
10位三菱水島FC 20
12位カターレ富山1-1
13位佐川滋賀1-1
14位流経大1-2
15位TDK SC1-2
16位ジェフリザ1-3
17位 FC琉球 0 -3
18位 アルテ高崎 0 -4
(2008/3/20更新)

コメント

非常に面白い試合でした。
前半は、あの栃木をここまで圧倒するのかとびっくりしました。
結果は残念でしたけど決して下を向く内容ではないので、次からも頑張って欲しいです。
惜しい試合でしたね。
ただ、観ていて「楽しい!」と思える試合でした。
周りの観客もシュートを打つ度に沸いていて良い雰囲気だったと思います。
今年のFC刈谷と平林選手に期待せずにはいられません!

コメントの投稿

非公開コメント


(この一行は、各ページ下部に固定表示するサンプルです。テンプレートを編集して削除もしくは非表示にしてください。)
どうぶつの森 地域リーグ部
3DSゲーム「とびだせどうぶつの森」のマイデザインを使って、地域リーグクラブを中心としたユニフォームを作っています
どうぶつの森 FC刈谷ユニフォーム
画像をクリック!
2015年 日程
1/24
(土)
練習試合
名古屋高校 - ○5-1
2/. 1
(日)
練習試合
東海理化 - ○12-0
2/. 8
(日)
練習試合
名古屋大学 - ○10-0
2/15
(日)
刈谷市長杯 準々決勝
デンソー刈谷
(西三L)
- ○13-0
2/22
(日)
練習試合
愛知学院大 - ○3-2
2/28
(土)
練習試合
名古屋商科大 - ○4-1
3/. 1
(日)
刈谷市長杯 準決勝
JTEKT
- ○1-0
3/. 7
(土)
練習試合
レイジェンド
滋賀
- ○6-0
3/. 8
(日)
刈谷市長杯 決勝
豊田織機
- ○4-0
3/15
(日)
練習試合
サウルコス福井 - ○2-0
3/21
(土)
練習試合
桃山学院大 - ○3-2
3/22
(日)
練習試合
愛知学院大 - ○2-0
3/28
(土)
練習試合
びわこ成蹊
スポーツ大
- ○3-2
3/29
(日)
練習試合
名古屋
グランパス
- 中止
4/5
(日)
全社県予選&
天皇杯予選1回戦
アイシン精機 - ○6-0
4/12
(日)
全社県予選&
天皇杯予選2回戦
東海学園SC - ○4-0
サイドバー2下の追尾スペース
ここに追尾させたいものを記載します。
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。