スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

JFL前期11節:MIOびわこ草津 0-0 FC刈谷

JFL前期11節:〔観客:671人〕
MIOびわこ草津   0( 0-0
0-0
)0   FC



後半 前半 FC刈谷 MIOびわこ 前半 後半
4 5 9 シュート 10 4 6
6 6 12 GK 9 5 4
3 3 6  CK  5 4 1
4 12 16 直接FK 15 7 8
0 2 2 間接FK 7 3 4
0 2 2   オフサイド  7 3 4

<警告・退場>
警告: 18分 MIOびわこ草津 石澤 典明 (繰返違反)
警告: 28分 MIOびわこ草津 木島 徹也 (反スポーツ)
警告: 30分 MIOびわこ草津 幸山 聡太 (ラフ)
警告: 44分 FC刈谷 日下 大資 (反スポーツ) →累積2枚目
警告: 85分 FC刈谷 田上 裕 (反スポーツ) →累積4枚目
警告: 86分 MIOびわこ草津 内林 広高 (反スポーツ)
※次節出場停止選手:田上 裕選手※

FC刈谷のスタメンはこちら。
GK 1 石川 扶 11試合目〕
DF 5 松田 勉 11試合目〕
DF 19 西原 拓己 11試合目〕
DF 26 田上 裕 9試合目〕 1ゴール ×4
DF 30 石川 高大 11試合目〕 ×1
MF 10 日下 大資 11試合目〕 ×2
MF 13 篠川 雅仁 7試合目〕 1ゴール →69分FW森山
MF 22 高橋 良太 7試合目〕 ×1
FW 3 原賀 啓輔 11試合目〕 4ゴール ×1
FW 17 伊藤 智弘 11試合目〕 3ゴール ×1 →55分FW武末
FW 18 平林 輝良寛 10試合目〕 4ゴール ×3
サブ
GK 31 盛田 健嗣
DF 7 小林 健史
DF 32 那須 信夫
MF 6 酒井 康平
FW 24 森山 大地 8試合目〕
FW 34 武末 裕太 2試合目〕 1ゴール


TOP4への挑戦権、保留へ。

試合当日は本降りの雨の中。
FC刈谷は雨との相性があまり良い印象がないだけに心配でしたが、何とか引き分けに
持ち込んだ感じの試合になってしまいました。

一緒に現地に行った刈谷サポのMマスターさんひでのりさんの記事もありますので
よかったらこちらのほうものぞいてみてはどうでしょうか。

さて、この試合の感想を箇条書きにしてみると、

・びわこのアラン、足速すぎです。
・MIOびわこのDFラインがかなり高く、刈谷がオフサイドによく引っかかっていた。
・刈谷のシュート、ほとんど枠にいかなかったような。
・びわこはサイド攻撃一辺倒、逆サイドに振られると刈谷が辛かった。
・刈谷の攻撃はロングボール多いが、スリッピーな芝でほぼ効果なし。
・GK石川扶、DF松田がほぼミスなしのディフェンス。まさに刈谷の壁。
・去年の刈谷なら、きっと0-2ぐらいで負けていたと思う。

といったところでしょうか。
・びわこのアラン、足速すぎです。
前期11節現在、7得点で得点ランキング5位につけているMIOのエース、アラン。
彼の特徴は「トップスピードの速さ」なのでしょう。DF裏に出たロングボールに反応すると
刈谷のどの選手よりも速いスピードでボールを追いかけます。
MIOの総得点の1/3弱を稼いでいる理由がよく分かりました。

・びわこはサイド攻撃一辺倒、逆サイドに振られると刈谷が辛かった。
MIOびわこの攻撃はまずサイドから。アランの足の速さがあっても、彼頼みの
縦パスで一気にゴール前へ、という攻撃はほとんど見られませんでした。
アランに出すときもほとんどDFのサイド裏へのパスでした。
サイドでのボール回しを連携よく回しているのを見ると、練習もかなりやっているようです。
刈谷もこういうところは真似したいですね。

・刈谷の攻撃はロングボール多いが、スリッピーな芝でほぼ効果なし。
今回の試合はショートパスがあまり見られず、ロングボールが多く見られました。
相手の高いDFラインを見る限り、確かにDF裏を狙ったほうが効果的なのでしょうけども
雨で芝生が滑りやすくなっており、ロングボールが出てもバウンドするとボールがいつもよりも
長くなってしまい、簡単に相手GKがキャッチしてしまいました。
後半から出た森山がかなり良い飛び出しをしていたのですが、ボールが伸びすぎてしまい
いずれも相手GKにとられてしまいました。
雨さえ降っていなければ・・・、と思うシーンがかなり多かったのは事実ですが
それはきっと向こうチームも同じだったのかもしれませんね。

・去年の刈谷なら、きっと0-2ぐらいで負けていたと思う。
全体的にはMIOペースで試合が進んでいった感じです。
刈谷の攻撃よりもMIOの攻撃が今回の天候には相性が良かったのも影響しているでしょう。
2007年のFC刈谷ならば、きっと今回の試合には勝っていなかったでしょう。
今年の守備陣は本当に良く頑張っています。
特に相手ロングボールをヘディングではじき出していた松田選手の活躍は目覚しいものです。
松田選手がいなかったら、今シーズンは昨年並みの失点数になりかも。
今の彼の存在感はそれぐらいを思わせるほどの実力と安定力を表しています。

'08前期11節
順位 チーム名 勝点 得失 対戦結果 TOP4との残対戦
1位 横河武蔵野FC 29 +11 前3:△2-2 13:本田 17:岡山
2位 Honda FC 27 +14 前4:×1-2 12:栃木 13:横河
3位 ファジアーノ岡山 26 +11 前8:△2-2 16:栃木 17:横河
4位 栃木SC 25 +14 前2:×0-1 12:本田 16:岡山
5位 FC刈谷 18 +6   -
6位 MIOびわこ草津 18 +2 前11:△0-0 12:横河 14:本田
7位 佐川滋賀FC 17 +3 前6:○2-1 14:栃木 15:横河 16:本田
8位 ニューウェーブ北九州 17 +1 前7:×0-1 15:栃木 16:横河 17:本田
9位 カターレ富山 15 +2 前5:○1-0 13:栃木 14:横河 15:本田
10位 流通経済大学 15 -1   14:岡山
11位 ソニー仙台FC 13 +3   13:岡山
12位 ガイナーレ鳥取 11 0   -
13位 FC琉球 11 -6 前10:○4-1 -
14位 佐川印刷SC 8 -12   12:岡山
15位 ジェフリザーブズ 8 -12 前1:○3-0 15:岡山
16位 三菱水島FC 8 -15 前12:??? -
17位 TDK SC 6 -9   -
18位 アルテ高崎 3 -12 前9:○2-1 17:栃木
(2008/5/12更新)


さて、順位表を見ると前期11節を終えて5位と前節と変わらず。
しかしここで気づいてみるとFC刈谷以外の9位以上のチームはTOP4の対戦が
2試合以上残っているチームばかりのようです。

そしてFC刈谷は前期未対戦のチームは10位以下のチームばかり。
他の上位チームより勝ち点を稼ぎやすい状況になっています。
チーム創設以来3連勝すら未達成なのですが、仮にここから3連勝すると
一気に上へ跳ね上がる可能性があります。
というのも、他の上位9チームで3連勝できるチームは潰し合いが始まるため
かなり限られてしまうからです。

FC刈谷は12節:水島、13節:鳥取、14節:TDKと他の上位チームと比べてかなり楽な
チームが続いていくだけに決して非現実なことではないと思います。

もちろん油断はできませんが、気づいたらFC刈谷がTOP4に食い込んでいる
という展開もあり得るだけに刈谷サポとしては期待せずにいられません。

コメント

田上黄色4枚で次節出れませんよ

コメントの投稿

非公開コメント


(この一行は、各ページ下部に固定表示するサンプルです。テンプレートを編集して削除もしくは非表示にしてください。)
どうぶつの森 地域リーグ部
3DSゲーム「とびだせどうぶつの森」のマイデザインを使って、地域リーグクラブを中心としたユニフォームを作っています
どうぶつの森 FC刈谷ユニフォーム
画像をクリック!
2015年 日程
1/24
(土)
練習試合
名古屋高校 - ○5-1
2/. 1
(日)
練習試合
東海理化 - ○12-0
2/. 8
(日)
練習試合
名古屋大学 - ○10-0
2/15
(日)
刈谷市長杯 準々決勝
デンソー刈谷
(西三L)
- ○13-0
2/22
(日)
練習試合
愛知学院大 - ○3-2
2/28
(土)
練習試合
名古屋商科大 - ○4-1
3/. 1
(日)
刈谷市長杯 準決勝
JTEKT
- ○1-0
3/. 7
(土)
練習試合
レイジェンド
滋賀
- ○6-0
3/. 8
(日)
刈谷市長杯 決勝
豊田織機
- ○4-0
3/15
(日)
練習試合
サウルコス福井 - ○2-0
3/21
(土)
練習試合
桃山学院大 - ○3-2
3/22
(日)
練習試合
愛知学院大 - ○2-0
3/28
(土)
練習試合
びわこ成蹊
スポーツ大
- ○3-2
3/29
(日)
練習試合
名古屋
グランパス
- 中止
4/5
(日)
全社県予選&
天皇杯予選1回戦
アイシン精機 - ○6-0
4/12
(日)
全社県予選&
天皇杯予選2回戦
東海学園SC - ○4-0
サイドバー2下の追尾スペース
ここに追尾させたいものを記載します。
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。