スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

JFL後期5節:FC刈谷 3-1 アルテ高崎


JFL後期5節:ウェーブスタジアム刈谷〔観客:701人〕
FC   3( 2-0
1-1
)1   アルテ高崎

得点: 15分   FC刈谷  平林 輝良寛 →6ゴール目!
得点: 39分   FC刈谷  日下 大資 →2ゴール目!
得点: 55分   FC刈谷  篠川 雅仁 →4ゴール目!
得点: 67分   アルテ高崎  西村 陽毅


後半 前半 FC刈谷 アルテ高崎 前半 後半
10 8 18 シュート 7 1 6
8 2 10 GK 10 6 4
2 2 4  CK  3 0 3
9 12 21 直接FK 15 5 10
5 3 8 間接FK 16 11 5
4 2 6   オフサイド  16 11 5

<警告・退場>
警告: 30分 アルテ高崎  阿久澤 剛 (ラフ)
警告: 30分 アルテ高崎  田中 靖大 (繰返違反)
警告: 43分 アルテ高崎  久保田 圭一 (ラフ)
警告: 47分 アルテ高崎  斯波 薫 (ラフ)
警告: 86分 FC刈谷  石川 扶 (遅延行為) →累積1枚目
※次節出場停止選手:なし※

FC刈谷のスタメンはこちら。
GK 1 石川 扶 19試合目〕 ×1
DF 5 松田 勉 22試合目〕 ×1
DF 19 西原 拓己 22試合目〕 ×2
DF 26 田上 裕 17試合目〕 1ゴール ×7
DF 30 石川 高大 22試合目〕 ×3
MF 6 酒井 康平 13試合目〕
MF 10 日下 大資 22試合目〕 1→2ゴール!! ×3
MF 22 高橋 良太 18試合目〕 ×3
FW 17 伊藤 智弘 22試合目〕 4ゴール ×3 →58分FW和多田
FW 18 平林 輝良寛 20試合目〕 5→6ゴール!! ×4 →45分MF篠川
FW 34 武末 裕太 12試合目〕 2ゴール
サブ
GK 31 盛田 健嗣
DF 7 小林 健史
MF 13 篠川 雅仁 16試合目〕 3→4ゴール!! ×3
MF 23 坂脇 一義
FW 8 和多田 充寿 9試合目〕 3ゴール ×2
FW 24 森山 大地

1ヶ月ぶりの勝利!(その間負けなしですが)

スタイルって・・・  第10回JFL後期第5節 (ウェブスタ出撃)
          (ひでのりさん)
2008JFL後期第5節 vsアルテ高崎(HOME ウェーブスタジアム刈谷)
          (Mマスターさん)
FC刈谷○ 暫定6位!
          (スガヲさん)
JFL後期5節FC刈谷対アルテ高崎戦
          (ahrobyyさん)
手堅く勝点3
          (ライタさん)


戦前の心配を振り払うような勝利でした。FC刈谷は強くなっています。
実際に見ても、記録を見ても、FC刈谷がアルテ高崎を圧倒した言えるでしょう。
ただ後半の途中からアルテペースになったのはまだまだ修正すべき点です。
去年のFC刈谷は△0-0と取りこぼしていたのと比べると、成長具合が分かりやすいでしょうか。

あと、試合後に豊明のサポさんに指摘されて気づいたのは
これで一昨年の勝点32を越え、過去最高勝点を34に更新したこと。
ここで'06~'08シーズンのFC刈谷の勝点をまとめると

2006 勝点32 (8勝18敗8分 46得点63失点 -17)
2007 勝点28 (8勝22敗4分 36得点59失点 -23)
2008 勝点34 (8勝4敗10分 30得点21失点 +9)←後期5節時点

勝点もそうですが、12試合を残した時点で昨年の最終結果である8勝に並びました。
今年のFC刈谷は間違いなく過去最高の成績を残すことでしょう。
この勢いでリーグ戦3連勝、いや中断期間まで4連勝を狙ってください!


さて、この試合の感想を箇条書きでまとめると・・・

・アルテ高崎のDFが異常なほど高い。アルテGKの守備範囲が広すぎ。
・アルテ高崎の攻撃はサイドから中央への突破がメイン。センタリングはあまりなし。
・ことごとくオフサイドの網に引っかかるFC刈谷。しかしGKと1vs1のチャンスも多かった。
・試合を通じてFC刈谷が支配。後半途中にはアルテ高崎の時間もあったが。
・武末選手が成長しています。もっと出来る子だと思います。



・アルテ高崎のDFが異常なほど高い。アルテGKの守備範囲が広すぎ。
試合後、FC刈谷コアサポ内で一番の話題になったのがアルテ高崎のDFラインの高さと
相手GKの守るべき守備範囲の広さでした(勝利したことが影響していますが)。

アルテ高崎がFC刈谷から奪ったオフサイドの数、実に16回。(前半11、後半5)
普通のチームと比べ、7mぐらいは高い位置を保ち、常にオフサイドを狙うトルシエ(?)スタイル。
当然ながらDF裏のボールの処理はGKの仕事になるため、アルテGK斯波(シバ)選手が
自陣内を所狭しと走ってクリアしたりと普通のGKの3倍ぐらいの運動量でした。

アルテ監督としてはDFラインを高めに保ち、選手間の距離を縮めて攻守を効率良く
やりたい意図があるのでしょう。理想の高さが見え、傍から見ていても面白さを感じました。
ただ、それが勝利と結びつかないのが難しいところでしょう。
FC刈谷も理想を高く掲げていたこともありましたので、気持ちは良く分かります。
これからも頑張って「アルテスタイル」でサポーターを魅せられるようなサッカーを
具現化し、勝ってくださいね。でもうちは負けませんからね!!


・アルテ高崎の攻撃はサイドから中央への突破がメイン。センタリングはあまりなし。
前節のアルテ高崎のシュートは実に21本。
普通に考えたら、これだけシュートを打つにはサイド攻撃からセンタリングをあげるよりも
中央へ突破して強引にシュートを打つぐらいじゃないと、こんな数字は出ません。
実際に試合を見ていると、その通りでした。
サイドから攻めてきますが、中央中央とドリブル突破を狙ってきます。
FC刈谷はこれを読んでいたのか、守備をする際は中央をしっかり固めて、ライン際にいる
逆サイドのアルテ高崎の選手はある程度フリーにさせていました。
アルテ高崎の「とりあえずシュート打っとけ戦術」はほぼ封じることができることに成功し
シュート数は監督交代時から過去2番に低い7本に抑え、相手の長所を上手く消しました。
(過去最低は前期16節:ジェフリザーブズ戦で5本。試合は1-1のドロー。)

守備が堅いFC刈谷の面目をかろうじて守りました。
ちなみに刈谷の1失点はCKからフリーの選手がヘディングを決められました。
きっとサッカーの神様が「FC刈谷の選手がもっと精進するように」との啓示だと思います。
そのメッセージはサポーターにも届きました。気をつけます。


・ことごとくオフサイドの網に引っかかるFC刈谷。しかしGKと1vs1のチャンスも多かった。
DFラインを高く上げてオフサイドを狙うアルテ高崎。
しかし完璧なラインの上げ下げはできません。
もしできるのなら世界のサッカーの主戦術はこのアルテ高崎のようになっているはず。
9回オフサイドに引っかかっても、10回目に出し抜けばGKと1vs1のビッグチャンスが
得られる、まさにハイリスクハイリターンな戦術だと思います。

実際に何度かオフサイドの網を潜り抜け、GKと1vs1のチャンスを得ることが出来ました。
これが半分でも決まっていれば5-1と楽に圧勝できたはず。
攻撃陣の皆さん、もっと精進してくださいね!!

後半になると攻め方を修正し、簡単にはオフサイドにならないように単純な縦パスを
減らし(減らしただけであって使ってはいましたが)、逆サイドにボールを振るような
アーリークロスを多用するようになり、相手の守備陣のスキをついていきます。

それでもオフサイドになることもあり、うまく追加点を取ることが出来ませんでしたが
ハーフタイムで練習でやっていないような、急な方向転換が出来るようになったのは
良いと思いますし、あの攻め方自体が刈谷になかった新しいアタックだと思いますので
これから練習をして、攻撃の種類を増やしてたくさん点を取ってください。


・試合を通じてFC刈谷が支配。後半途中にはアルテ高崎の時間もあったが。
「試合を通じて刈谷が支配」の部分は見ていた方の中でも意見が分かれるかもしれません。
個人的にはアルテ高崎のシュート数を7本に抑えたことを評価しています。
平均シュート数が15強も打つアルテ高崎を半分以下に抑えた、ということは
相手のやりたいことが出来なかったともいえます。
シュートを打たれなければ失点しないわけですから(オウンゴール除く)
FC刈谷からすればCKからの失点以外はほぼ完璧な内容でしょう。


・武末選手が成長しています。もっと出来る子だと思います。
今回のピックアップ選手です(初企画で次回に続くがどうかは不明)。
得点こそ決めていませんが、初出場の頃から比べるとJFLのレベルに慣れたというか
場違いな雰囲気はなくなりつつあります。
前線でキープもできるようになりましたし、デカイ選手にありがちな足元の弱さも感じさせません。
むしろ体の大きさ、足の長さを生かしたボールの扱いが出来ています。

あとは鈍く感じる動き出しさえ改善できれば、FC刈谷でファーストチョイスFWとして
認識されるに違いありません。



'08後期5節
順位 チーム名 勝点 得失
1位 栃木SC 51 +24
2位 HondaFC 47 +25
3位 ファジ岡山 43 +19
4位 カターレ富山 39 +13
5位 武蔵野FC 39 +12
6位 FC刈谷 34 +9
7位 NW北九州 34 +4
8位 ソニー仙台FC 33 +7
9位 ガイナーレ鳥取 32 +6
10位 流経大 31 0
11位 佐川滋賀 26 0
12位 MIO草津 26 -15
13位 TDK SC 25 -2
14位 佐川印刷 22 -10
15位 FC琉球 22 -10
16位 ジェフリザ 16 -19
17位 アルテ高崎 14 -29
18位 三菱水島FC 10 -34
(2008/7/27更新)

コメント

コメントの投稿

非公開コメント


(この一行は、各ページ下部に固定表示するサンプルです。テンプレートを編集して削除もしくは非表示にしてください。)
どうぶつの森 地域リーグ部
3DSゲーム「とびだせどうぶつの森」のマイデザインを使って、地域リーグクラブを中心としたユニフォームを作っています
どうぶつの森 FC刈谷ユニフォーム
画像をクリック!
2015年 日程
1/24
(土)
練習試合
名古屋高校 - ○5-1
2/. 1
(日)
練習試合
東海理化 - ○12-0
2/. 8
(日)
練習試合
名古屋大学 - ○10-0
2/15
(日)
刈谷市長杯 準々決勝
デンソー刈谷
(西三L)
- ○13-0
2/22
(日)
練習試合
愛知学院大 - ○3-2
2/28
(土)
練習試合
名古屋商科大 - ○4-1
3/. 1
(日)
刈谷市長杯 準決勝
JTEKT
- ○1-0
3/. 7
(土)
練習試合
レイジェンド
滋賀
- ○6-0
3/. 8
(日)
刈谷市長杯 決勝
豊田織機
- ○4-0
3/15
(日)
練習試合
サウルコス福井 - ○2-0
3/21
(土)
練習試合
桃山学院大 - ○3-2
3/22
(日)
練習試合
愛知学院大 - ○2-0
3/28
(土)
練習試合
びわこ成蹊
スポーツ大
- ○3-2
3/29
(日)
練習試合
名古屋
グランパス
- 中止
4/5
(日)
全社県予選&
天皇杯予選1回戦
アイシン精機 - ○6-0
4/12
(日)
全社県予選&
天皇杯予選2回戦
東海学園SC - ○4-0
サイドバー2下の追尾スペース
ここに追尾させたいものを記載します。
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。